噛み合わせで咬合症を併発!


噛み合わせの問題は、大人だけの問題ではありません。
実は小さな子供にも、噛み合わせの問題は大きく影響します。

小さいうちの歯科検診では、よく歯並びのチェックをした時に『咬合症』と判断されることもあります。その場合、早期に噛み合わせの治療をすれば、大人になってから何も問題がありません。

しかし、そのまま放置しておくと、顔の歪みに発展してしまい、噛み合わせの悪さから顎関関節症を患う可能性もあります。

やはり治療をするんだったら、早ければ早い方が理想的です。
歯並びが悪い子が、良く矯正を早めに始める子がいますが、やはりそれだけ小さい頃に治療をすると、完治も早いということです。

噛み合わせの悪さの原因は『積み重なった悪い生活習慣』がほとんどなので、小さい頃から、原因を特定し、早めに悪い生活習慣を直すようにすれば、大人になっても再発するのを防ぎやすくなります。

噛み合わせが気になる人は、歯科検診の時に先生からよく話を聞いてみましょう。

This entry was posted in 噛み合わせでこんな弊害が!. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります